車の運転が得意で、好きな人

ドライバーの向き不向きは、まず第一に車が好きである事が挙げられます。ルート配送のドライバーにせよ、長距離トラックの運転手にせよ1日の大半を車の中で過ごします。車内が職場と言っても過言ではありません。運転席にずっと座っている事が耐えられない人にドライバーの仕事は務まりません。もちろん、運転技術と自信も必要です。もちろん、免許を取れるだけのスキルは必須ですが、運転に苦手意識がある人は、運転中にかかるストレスに我慢ができないでしょう。 また、タクシーやバスの場合は無線や、料金精算の為の機械、トラックではユニックやアウトリガーなど普通車には付属していない様々な装備を操作しなければなりません。この事から、機械が得意というのも一つの要素になるでしょう。

ドライバーに適した性格

ドライバー向きの性格と言えば、温厚である事です。イライラし易い人や、ちょっとした事で激昂してしまう性格の人は、近年問題視されているあおり運転をしてしまったり、強引な割込みなどをしてしまうリスクがあります。また、渋滞に耐えられるストレス耐性も必要です。次に、時間に正確な人です。運転手の仕事は、荷物であれ人であれ、輸送対象を決められた時間に決められた場所へ運ぶことです。時間にルーズな人はドライバーとして大成できないでしょう。長距離輸送の場合、道路状況によって時間が読めないことは日常茶飯事です。ある程度のトラブルを想定し、運航計画を立案できる計画性も大切です。また、想定外の事態に陥った時に臨機応変に対応できる頭の柔らかさも大切です。

ドライバーの募集では年齢制限がなく、何歳でも応募することができます。しかし、体力や運転技術に問題が出てくるようになると、選考で落とされてしまいます。