大型自動車二種免許を取得する必要がある

乗客を目的地まで乗せる仕事を専門に行う会社に、運転手として就職するには、第二種免許を取得する必要があります。第二種運転免許によって乗れる車種には、大きく分けてタクシーとバスの2つが存在します。このうち、国内旅行のパッケージツアー等、多くの人数を目的地まで運ぶための輸送手段が、大型バスと呼ばれる乗り物です。運送会社が用意しているバスには、路線バスや観光バスの他、高速バスに送迎バスといった種類がありますが、原則として、送迎バス以外は大型バスの運転が必須です。

30名以上を乗せるための、総重量11トンを超えた大型バスを運転するには、自動車教習所等で、大型自動車第二種免許の取得が必要です。大型二種免許を取得するには、21歳以上かつ、普通自動車免許を取得してから3年が経過しているという条件があります。

大型二種免許を取得するには

大型二種免許を取得する方法として、実技と学科の両方に合格した上で、視力検査等の適性試験をクリアする必要があります。大型免許と第二種免許の両方の性質を持っており、実技試験では11メートルに及ぶ大型車を運転できる能力が求められ、学科試験では第二種免許に関する、旅客等の知識が問われます。さらに、適性試験では聴力検査や深視力検査といった項目も含まれている点が特徴です。また、視力検査に関しても、両目で0.8以上、片目でも0.5以上の視力が要求されます。

なお、大型二種免許を取得する前に、大型免許もしくは第二種免許を取得している場合は、一部の科目が免除されます。例えば、大型免許なら大型車の運転に関する実技、第二種免許なら旅客等の知識を問う学科といった具合です。

運送業の求人は給与水準が高い傾向にあります。インセンティブがある会社や距離で手当てがある会社も存在します。