電車の運転士になるには動力車操縦者運転免許が必要!

電車の運転士になるには、「動力車操縦者運転免許」を取得しなければなりません。基本的に20歳以上であれば誰でも受験する事はできますが、鉄道会社の養成所などでトレーニングをしていないと実技試験に合格するのはとても難しく、実際は鉄道会社に所属している事が必須になっていると言えるでしょう。動力車操縦者運転免許の試験は年2回、各養成所や地方の運輸局にて行われています。筆記試験や身体検査、適性検査があり、これら3つの試験に合格して初めて実技試験を受ける事が可能となるシステムとなっています。 電車の運転士を希望する場合は、はじめに車掌や駅務員として働き駅員としての経験を積むのが一般的と言われています。その後、国が指定する養成所に入って資格を目指す人が多いようです。

希望すればだれでも電車の運転士になれるとは限らない!

JR各社など大手の鉄道会社は国が指定する運転士を養成するための施設を備えています。中小の鉄道会社の中には指定の養成所を持っていない所もありますが、その場合は養成所を保有している鉄道会社に訓練を委託する形をとる事で運転士の養成を行っています。養成所では学科と技能の講習が実施されています。学科講習では運転法規や車両の構造などを学び、実技講習では実際に車両を使用して操作の方法を学びます。 電車の運転士は、希望すればなれるという職業ではないと言えるでしょう。車掌や駅務員などの業務を経験しながら鉄道会社が運転士としての資質があるかを診断します。そこで選抜された人が養成所にて訓練をし、運転士を目指すのが一般的となっているからです。いくつかある高く厳しいハードルをクリアしてはじめて電車の運転士となれるのです。

運転手の募集は一般公開されているものがほとんどです。人材の不足が問題になっているため、広く募集がかけられています。