臨機応変に対応ができる

荷物や人を目的地まで送り届けることを仕事するドライバーは、キャリアが長いほど有利と言われています。その大きな理由として挙げられるのが状況に応じた臨機応変な対応です。交通の要となる道路は、その時々で状況は大きく変わります。毎日当たり前のように通っているルートでも、予期せぬ事故や通勤ラッシュの影響で渋滞になってしまうケースも少なくありません。 荷物を届ける配送系は決められた時間に届けることが基本です。人を運ぶ送迎も遅延は利用者からの信頼に大きく影響するため、トラブルがあった時は抜け道やルート変更といった対応をしなくてはいけません。経験の浅いドライバーは抜け道はおろか、ルート変更すら手間取ってしまうこともあります。臨機応変に対処するには経験の積み重ねが必要となるのです。

車両の特徴に合わせた運転ができる

ドライバーは車を使って荷物や人を運ぶのが仕事ですが、業務で使う車両が必ずしも毎回同じとは限りません。職種によっては仕事の度に別の車両に乗って運転するケースも多くあります。車は同じ車種でも車両によってアクセルやブレーキの効き具合やハンドル操作のしやすさが違う乗り物です。運転はちょっとした不注意で事故が起きてしまうことも多く、安全運転を心掛けるにはその車の特徴をしっかりと掴むことが重要となります。車の運転歴が短い人は、ほんの些細な違いでも違和感を感じて戸惑ってしまうことも多いのが実情です。ドライバーの仕事が経験者が有利とされているのは、どんな車両に乗ってもすぐに癖を見抜いてそれに合った運転ができるのが理由に挙げられます。

トラックやタクシーなど、車両で人や物を運んで働くドライバーが派遣会社と雇用契約を結び、ドライバーを必要としている企業に派遣されるサービスのことをドライバーの派遣といいます