軽トラックの配送ドライバーなら普通免許があれば働ける

トラック運転手になるために必要な免許の種類は、実際に仕事で運転をする車のタイプや業務内容に大きく左右されます。たとえば、運送会社に勤める配送ドライバーは、主に軽トラックを使って業務を行うため、普通免許さえあれば働くことが可能です。また、大手の運送会社の多くは、AT車を主に採用しているため、AT限定の免許しかない人でも採用時に不利になるケースはあまりありません。 運送会社によっては、普通免許を取得して間もない人が無理なくドライバーの仕事をこなせるようになるため、採用後に長期にわたる乗務研修を実施しているところもあります。そのため、初めて配送ドライバーの仕事にチャレンジしたい人は、じっくりと会社ごとの事業内容や新人教育の内容を確認するのがおすすめです。

長距離ドライバーは大型免許が必須となることが多い

長距離ドライバーとして運送会社に就職をするには、採用時に大型免許の有無をチェックされるケースが少なくありません。特に、10トントラックを複数所有している運送会社で働きたい場合は、大型免許がなければ採用選考を受けられないこともあります。そこで、早めに興味がある会社の求人をチェックしたり、採用担当者に質問したりすると良いでしょう。 また、長距離ドライバーの数が足りていない運送会社では、自社内でドライバーを育成するため大型免許を持たない若年の採用者に対して、入社後に免許の取得までにかかる費用を負担しているところもあります。そこで、経済的な理由で自費で免許を取るのが難しい人は、免許取得に向けたサポート体制がきちんと整っている会社を探してみましょう。